宅建の保証協会①素人には意味不明!?「保証協会」問題でつまづいたポイントをまとめた

保証協会。ド素人がテキストを読むかぎり、謎の組織(悪の組織)にしか思えないんだけど・・・

イメージをざっくりつかむため、現時点で調べた結果をまとめておく。

だが謎は深まるばかり・・・  なんで?なんで?(きっと誰かが得をしているんだろう

Q、保証協会といえば?

⇒鳩のマークの保証協会と、ウサギのマークの保証協会。

不動産業者はこの2つのどちらかに入ってる。

実際、街中の不動産会社でもよくハトやウサギのマーク見かける。

 

 

Q、業者が保証協会に加入したら、なんで「加入したよ!の報告」は協会がやってくれるの? 営業保証金の時は、自分で届出をやらせてるじゃん?

⇒謎。リサーチを続行。

 

Q、弁済業務保証金での「還付があったよ通知」は、なんでわざわざ国土交通大臣からくるの? なんで、還付した供託所が直接通知してくれないの?

⇒ 供託所は国の機関だから、まず大臣にチクるから?

「あの業者、トラブル起こしましたぜ!」みたいに…(→言い方が下品だけどさ・・・)

⇒ この流れ、よくよく見るとさらに複雑で・・・

①被害にあった客に、お金が払われると(還付されると)、

②供託所は、国土交通大臣に2通、「還付があったよ通知書」を出す。

③国土交通大臣は、そのうちの1通を保証協会に送る。

⇒結論:保証協会は「お金補充して!」って、大臣から言われる。

なんかこれ、大臣から怒られてない?

 

Q, 他に、「保証協会」の過去問解いてて、気をつけるのは?

⇒ 業者の気持ちになって、「保証協会にお世話になるためのルール」のみを覚えればいいと思っていたら、

突然「もしも自分が保証協会で働いたら?」という問題が出現する!

例:保証協会は、分担金を1週間以内に供託する

保証協会は、協会に新メンバーが入ったら知事に報告する

保証協会は、公告をしなければならない  とか

 

※ 混乱しない。びっくりしない。頭切り替える。

「保証協会に就職したらどうなるか?」に視点をチェンジして、

内部の人間として仕事内容を覚えていく。

 

Q、「社団法人」 と 「財団法人」 の違いは?

 

⇒ 「社団法人」:自分たち(社員)のお金で活動する  ⇒社員のお金の団体

「財団法人」:人のお金で活動する         ⇒財産の団体

ざっくり、まずこれで第一イメージつくる。

 

Q、・・・で、保証協会はどっち法人?

⇒ 保証協会は社団法人。

 

Q, なんでこんな問題出すのよ??

⇒ 社員になったら、ちゃんとお金を払ってほしいから。

今から覚えこませるため、宅建試験に出題。

 

Q,なんで1つの保証協会をクビになったら、「別の保証協会」に入れないの?  2つあるんだから、もう一方に入りますでよくない?

なんで、「供託所」の方にお金入れなきゃいけないの? 供託所一択の理由は?

⇒よそでトラブル起こした業者はお断りだから?

保証協会は厳しいところなのかも・・・

 

 

PRリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA