体験談【宅建】10月と12月受験なら「12月有利!」12月宅建合格した私が振り返る

takken-which-10or12

今年も宅建は年2回受験となりました。

10月をおすすめしている方が多いので、2020年12月受験で43点合格した私があえて「12月がおすすめ!」という記事を書きましょう。

はじめ
だって、試験月は選べないわけで、12月受験組がかわいそうじゃないですか!

当時は「12月受験になったら不幸、絶望、この世の終わり!」 …さんざんな言われようでした。

もう言わないで! 私、12月なんですけど! と心で泣いてました。

経験しての結論…悪いことばかりじゃないですよ。

それではいってみましょう!

12月組。宅建受験のメリット

12月受験組は本番を2回受けられる!(ようなもの)

なんといってもこれ。私が合格できたのは「10月試験を解いてみて、青ざめた」からなんです。

当初、私も10月受験を狙ってばりばり準備していました。手ごたえがあったので「10月でも受かる実力はあるのに、合格が先延ばしになってしまって残念やわー」と思っていたんですね。

なので12月とわかった途端やる気がなくなり、勉強を放置。10月試験当日はおろか、しばらく問題をまったく解いていませんでした。

hip-hop-happy

そろそろ受験勉強再開するかな……と11月に入ったとある日、軽い気持ちで10月の本試験問題を解いてみたんです。

結果はなんと32点。

はじめ
…難しすぎ!

あれだけ万全のつもりだったのに、もし本当に10月受験だったらと青ざめました。

「え? 私、今年も落ちてたの? 宅建3回落ちることになってたの?」

そこからは心を入れ替えて、血眼になって学習を再開。真剣に何がダメだったのか対策を考え始めた。

ひとこと
このショックがなければ、試験対策が的外れだったことに気づかず、また落ちていたでしょうね。恐怖。

リアルガチの「今年の試験傾向」を知れる

12月受験組にとって、10月試験問題は最強の模試です。

特に、私が受験した2020年は民法大改正の年でした。どのような試験になるのか、予備校や出版社の予想は荒れていました。

そんな中、「10月本試験」は実施されたわけです。そして12月組はこれを最大限活用することができるんです。

10月試験を解いて感じたこと。各予備校や出版社が出版していた「模試」や「直前予想問題集」はなんだったのか… (とにかく衝撃でした) だって、今年の本当の試験問題が手に入ったんですから。

girl

勉強法の軌道修正ができる

10月本試験を分析すると、自分なりの今年の傾向と対策が見えてきました。本番を真剣に解いたことで、急に手に取るようにわかるようになったんです。それまでボンヤリとしか分析できなかったくせに、落ちるかも!という危機感が、本能を目覚めさせた。

傾向と対策
宅建業法・法令上の制限は過去問から同じ問題ばっかりでてる!

民法はほとんど法改正から出てるやんけ! →でも難しい

民法問題は見慣れない表現が多く、一見難しいが、ひとつの知識で解ける問題が多い。

4つの選択肢があってもそのうちの1つが解ければ正解できる問題がけっこうありました。(渋谷会の佐伯竜先生のあのアドバイスが突然、蘇ってきた。)

ここから直前期の勉強方法を変えました。

模試や予想問題集は投げ捨てて、過去問を年度別に50問ずつ解くことと、法改正問題を重点的に解く、理解することにしたんです。

いや、知ってはいたんですよ、過去問対策しなきゃらならないのは。でも不思議なもので、長く試験勉強していると、そんなことすっかり忘れ模試や予想問題に夢中になっていた。

関連記事:【無料】まとめ。無料の宅建過去問サイト&おすすめの使い方

追い込まれ方が半端ない ~キラキラした12月に落ちる悲しみを思えば、勉強せざるを得ない~

white-dog

精神論になります。

当初、12月試験に決まった際は「今年は受験会場行けないかもな…」と思いました。また来年受験だなと。12月といえば、世間はクリスマスだ年末だと浮かれていますよね。数々の誘惑を断ち切り、勉強に励まなければならない。

そこまでの犠牲を払って、もし落ちたら?

…シャレにならない! 絶対絶対は嫌だ…!

落ちた時の切なさ、悲しさは数万倍!です。

このエネルギーを逆手に取るわけです。(ただ追い込まれてるだけ…)

世の中が勉強へのプレッシャーをかけてくれる最高の環境を用意してくれる季節、それが12月なんです。

12月は確かに忙しいです。でも、本気で受かりたいなら、時間つくれますよね。

はじめ
いや、つくりましたね。やけくそですから

1年待たなくてよい

もし仮に10月受験で落ちたら、本来リベンジは1年後ですよね。しかし12月受験組ならば、2か月後に本試験です。

まだ学習内容を覚えているうちに、最新の傾向を入手した状態で、危機感マックスのまま、2か月後にもう一度本番を受けられるわけです。

12月に受験するつらさをみんなと共有できる!(試験当日のみ)

はじめ
12月受験組は孤独です

「12月受験なんて、こんな不幸な人間はこの世で私だけだ!」と冬の間、ずっと思っていました。試験日の朝までガチで孤独でした。

試験当日のことです。会場へ向かう電車で、ひとりの乗客が宅建の勉強をしていることに気が付いたんです。ふとまわりを見ると、ほかにもテキストを開いたり、スマホでゆーき先生の動画を見ている人の姿があるではありませんか。

「たくさんの人が受験するんだ。この12月に勉強し続けていた人が、私のほかにもいたのだ!」と初めて人類に出会ったように感激しました。

この孤独感からの感激、なかなか味わえないですよ? (←いらない)

12月受験組のデメリット

trouble

情報が少ない

受験者数が多いのは10月です。宅建業界では「10月試験こそメイン! さぁお祭りだ!」という体制をとっていました。10月が過ぎれば今年のお祭りは終了。

…12月組はほとんど無視されていました。

ひとこと
試験までの間、「本当に12月に宅建試験なんてあるんだべか?」という感覚に襲われます。

今年は12月も、盛り上がってあげて欲しい…

勉強する気にならない

皆さん12月試験は初めてでした。

ネットでは「12月は忙しいから落ちて当然でしょ」、「試験会場に行けなくて当然」、「みんな会場行かないってよ?」と悲観的なコメントばかり目に入ります。

なんだ、みんな会場に来ないのか…誰も勉強してないんだったら、自分もやらなくていっかなぁ…と投げやりな気持ちになっていました。

ひとこと
当然ですが、合格する人は隙間時間で勉強しています。試験会場にも行きますし、合格します。 

あの予想コメント、なんだったのか… (まだ受験してもいない人たちの予想に惑わされてしまった…)

「合格率の分析」について思うこと

2020年合格率

10月  17.6%

12月  13.1%

巷では「12月の方が難易度は高かった」という分析を見かけます。でも個人的には「10月の方が圧倒的に難しかった」と感じました。どうなんでしょう。

10月合格したみなさん、本当に尊敬します。逆に10月に落ちてしまった方でも、12月なら受かっていたという方もおられるのではないでしょうか・・・

やはり12月受験組に対しては、ネットでの「諦めて来年受験を目指そう」「12月は勉強する時間がないから受かりません」という投げやりな雰囲気の影響もあった気もします。素直に信じて、本当に受験会場に行かなかったり、勉強をあきらめた方がいて合格率が低いのかな、というのが第一印象でしたね(私も何度も心折れかけましたから)

合格率って参考程度でよいと思います。それよりも勉強しましょう。あの手この手で勉強しましょう。

まとめ

10月試験か、12月試験かは選べません。ただし、「今の実力でも10月で十分合格してたよ!」と勘違いをしていた私にとって、12月試験は良かったと思います。

 

余談…

試験日のプレッシャー、12月組は半端ないです。

私も当日、朝起きたら、熱っぽかったんです。コロナの時期でしたので不安でしたが・・・精神的なものな気もして。しばらく布団に横になって試験にいけないかも…と悩みました。

最悪、試験会場まで行って引き返してこよう、と思うことで外に出られたんです。

快晴でした。外の風に当たったら頭がすっきりしてきた。会場に着くころには、気分の悪さはなくなっていましたね。やはりストレスによる知恵熱でした。本当に「会場を見てこよう」という軽い気持ちで家を出たのが良かったです。

関連記事:レビュー【2回落ちた→43点独学合格】これまで購入した宅建テキスト&問題集&模試集まとめ

人気記事:【宅建】写真で解説。臥梁(がりょう)・組積造(そせきぞう)とは何?平成28年問50.4の建築用語

PRリンク