自粛中に料理の腕があがっている件 

料理

自粛生活を続けているせいで、家で自炊してばかりいる。新しい料理にもチャレンジしている。これでは料理の腕も上がっているのではないか。恐ろしいことである。

バター醤油味に目覚めた

調理能力で目立った変化がある。「バター醤油味」という新能力を手に入れたのだ。昔からその名は知っていたのだが、これまでダイエットしていたのでバター醤油は節制しており、まったくもって自分でつくるという発想がなかった。それがもうこのご時世どうでもよくなってきて解禁した。やけくそである。

そんなこんなで最高においしい出会いがあった。「なすとエリンギの肉巻きバター醤油味」である。バター醤油に続き、肉巻きというところも私の人生にとっては大事件。これまでは肉巻き系はすべて却下してきた。肉を巻くという行為が意味不明すぎて、めんどくさすぎて、なんなら存在を無視していた。それが今では率先して豚バラ肉でなすを巻いているのだ。きまな板に小麦粉を振る。一体何があったのかって何のことはない。ヒマすぎてYouTubeをあさっていた時に魅了された動画を見た途端、作りたくて作りたくて暴れ出しそうになった。(すでに自粛でおかしくなってるから)

この動画で教えてくれてるぽっちゃりした人、おいしそうに作りすぎる。作りたさを刺激する説明をしすぎる。んで、ラストに友達?が出て来て二人で絶賛しながら食べるの羨ましすぎる。家にこもりすぎて私の人格に変異が起きているから羨ましさ100倍。なすを肉で巻くの本当にオススメする。

揚げ物にも覚醒

さらに料理熱は上がっているようで、なんと揚げ物までし始めた。揚げ物なんて何年振りであろうか。長いこと眠っていた私の揚げ物魂を目覚めさせたのは「ちくわの磯辺揚げ」である。なんと地味。しかし青のりの衣で揚げたてんぷらはおいしい。これもYouTubeで発見し、ぼんやり見ていたところ、翌日にはちくわを買いに業務スーパーに走っていた。この動画は手際が良くおいしそう。揚げ物がとても簡単そうに見えた。以前何かの料理本で「磯辺揚げは夜食で出すとがっかりされるが、お弁当に入れると大変喜ばれる不思議なメニュー」であると紹介されていた。なるほど。そういえば私ものり弁当に載っている磯辺揚げは大好き。出会う場所によって、印象を変える奥の深い料理なのだ。磯辺揚げは。。

フライパンで少量の油で揚げれば負担も少ない。揚げ物もなかなかイケるな。味をしめた私は揚げ物の世界にどんどん踏み込んでしまっている。で、お気に入りは「くまちゃんポテト」というポテトフライ。業務スーパーで売っていて、熊の形をしているのだがクマが笑っているのだ。テレビでは人気があるとやっていたのでひやかしでゲットしたら、おいしい。最高だ。宣伝隊長になりたい。適当に揚げてもクマがニコニコしているところが尚いい。絶対太るが、なんか、もういいだろう。揚げ物の世界での旅は順調に続いている。

電子レンジ料理と格闘

その反面、いまいちマスターできないのがレンジ料理だ。ツイッターで得た情報をもとに和風チャーハンに挑戦した。醤油と卵、ごま油を混ぜ、耐熱容器に入れ温めた。控えめにいってとんでもなくマズかった。たぶんこれ完成していない。明らかに加熱が足りない。しかし、わかっていてもガンガン加熱してやることができない。

以前、「電子レンジで簡単料理だ―!」とでレンジを使ったら、嫌な音とともに皿が割れた。マグカップも割れた。なんなら備え付けの土台の分厚い皿も真っ二つに割れたことがある。あの大皿って割れるんですのよ奥様である。(そのへんに売ってないから取り寄せた。悪夢)噂によると、電子レンジ調理には適度な加熱時間を探すため、いくつもの皿やカップを犠牲にするという。その屍の上にたってこそ真の時短レンジ使いになるのだろう。が、そこまでできる気がしない。

そんなこともあり、私は電子レンジ調理を過剰に恐れている。皿と引き換えにしてまでつくりたい料理にいまだ出会っていない。みんな本当にレンジでじゃがいもをゆでたり、ラーメンつくったりしているのか。ウソなんじゃないのか。だまそうとしているのではないのか。疑っている。

袋麺のラーメンづくりにもトライしたが、これ以上温めると100均の耐熱容器が割れるんじゃないかと、微妙なぬるさで食べた。当然まずい。

だいたい、ガスで調理する方がおいしいに決まってる。ガスでつくった料理とレンジでつくった料理と食べ比べたらガスの圧勝だ。そうだそうだ。(私の調理力の場合。)お湯だってヤカンを火に沸かした方が絶対おいしい。レンジでチンしたお湯って「レンジのお湯です。何か?」って味がする。開き直っているのだ。お湯のくせに。

あれ? なんで後半、レンジの悪口言い始めたのか。私が原始人だからだろう。電化製品原始人。本性が現れた。自粛っておそろしい。

PRリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA